マグマや鉱物などについて勉強していました

マグマについて授業しました。地殻の中に貫入したマグマが冷却して火成岩人体をつくること、有用な鉱物がそれほど早期にクリスタルして濃集し、火成岩体の釘付けに鉱床となる場合があります。正マグマ鉱床といわれているものがこれで、クロム鉄鉱や白金の鉱床がその形式だ。マグマの分化が進み、マグマのまん中の水蒸気気圧が高くなってくると、大きな鉱物のクリスタルの集団ですペグマタイトができ、石英・長石・雲母などを含む鉱物の鉱床(ペグマタイト鉱床)ができます。再びマグマのクリスタル化が進むと、鉄・銅・鉛・亜鉛などのメタル根底を多量に含んだ熱情水がマグマから分離されて、周囲の岩石の切り口に入り込んだり、海底などに破裂行う。こうして気持ち成鉱床や熱情水鉱床とよばれる鉱床が形成されます。海底で火山の噴火が起こると、噴き出た多くのメタル元素を盛り込む熱情水と海水が誘発を起こして、各種硫化物を取り込む鉱床ができます。東北日本の黒鉱鉱床はこうしてできたものです。いとも授業しました。